埼玉北支店 “埼玉”で最も予約の取れないエクステリア&外構工事専門

さいたま北店・店長の尾崎です。

「現場を知らなくては『感動』レベルの提案は出来ない」と、
2年前から「職人」として現場作業に携わってきました。

その中でさまざまな職人さんたちの仕事ぶりを見てきました。

ウデの良し悪しはもちろんのこと、人によって作業の進め方、やり方、手順などが全く違います。
同じ図面を見て工事しても、人によってその工事を仕上げるアプローチが全然違うのですね。
数多くのエクステリアが完成していく過程を見るにつれ、一般的によく行われている
「単純な価格比較の間違い」
を痛感しました。

「相見積もり」という言葉をご存知でしょうか?

「同じ工事内容で、金額を比較する」というものです。

同じものなら少しでも安く買えるところを探そう、というのは、とても当たり前なお客様の心理です。


しかし、それは「どこに頼んでも全く同じものが出来る」ことが前提となります。

ティッシュやサランラップなどを一番安い店で買おうと思うのは、「どの店で買っても全く同じもの」だからです。

しかし、事実は全く異なります。

頼む会社、手がける職人によって、出来上がりにはとてつもない違いが出てきます。

もう、パッと見て分かるくらい、はっきりと違います。

現場を経験して学んだことは、

「エクステリア業界では、本来の意味で相見積もりは成立しない」

ということです。


工事が始まってしまえば、手を抜いたりコストダウンを図ることは、正直カンタンです。

表面上あまり目立たないように、コッソリやることも出来ます。

エクステリア会社の中には、2~3年で突然廃業してしまうところもあれば、新規でオープンするお店も毎年何十件もあります。

どこが悪意のある会社なのか、良心的な工事を行うお店なのか、判断がとても難しいのです。

お客様の中には、5社、6社と相見積もりを取る方がたまにいらっしゃいます。

こういう方は、「悪意のある会社」を自ら招き寄せているということにぜひ気付いて欲しいと思います。

「どこよりも安くやります!」と、ものすごい値引きで工事を受注し、単価の安い(=ウデの悪い)職人を使い、材料を間引きし、工事を納めてしまうのです。

「安く出来た!」なんて喜べるどころか、「安物を掴まされた…」と嘆くことになるでしょう。


これから夢のあるエクステリア工事を行おうとしているあなたには、そんな間違いは犯してほしくありません。

そのためには、工事の相談や依頼をする前に、「正しいエクステリア計画の進め方」をあなた自身が理解する必要があります。

当店では、初めてエクステリア工事を行う方でも分かりやすいよう、エクステリア工事についての注意点や詳しい相談の手順などを独自に編集し、冊子にまとめました。

数量限定ですが、先着順で差し上げています。お申し込みはこちらからどうぞ。

店舗案内・施工可能エリア 埼玉北支店

所在地 〒363-0026 埼玉県桶川市上日出谷904-25
責任者(店長) 尾崎 哲一
電話番号 0120-690-695
FAX 020-4665-4109
E-mail info@yu-kikobo.com
施工可能エリア

■埼玉県内
さいたま市・川越市・熊谷市・川口市・行田市・所沢市・飯能市・加須市・東松山市・春日部市・狭山市・羽生市・鴻巣市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市・ふじみ野市・白岡市・滑川町・嵐山町・鳩山町・越生町・毛呂山町・吉見町・川島町・宮代町・杉戸町・伊奈町・松伏町

スタッフ紹介 埼玉北支店

ガーデンコンサルタント

<店長>尾崎 哲一 (おざき のりかず)

生年月日 昭和40年8月11日(獅子座)
出身 埼玉県さいたま市岩槻区(旧岩槻市)
血液型 O型
  • ■趣味

    ライセンスを取得し青い海の世界に魅了されスキューバダイビングにはまっています。
    ここ最近は行っていませんが以前行った石垣島の透きとおった青い海は今でも忘れられません。
    まるで宇宙遊泳をしているようでした。
    南太平洋の宝石箱といわれターキッシュブルー(どんなん色?)の海が美しくユネスコ世界遺産に
    登録されたニューカレドニア(イル・デ・パン島)に行って好きなだけ潜るのが夢です。
  • ■得意料理

    鶏肉と豚肉の合挽で作るハンバーグ(もちろんソースも特製)。
    帝国ホテルレシピ(?)でつくるカレーライス。
    近頃材料を手でこねていたりするとモルタル(砂、セメント、水)づくりとダブリます(笑)
  • ■最近よく行くところ

    近頃すっかり紳士服のお店から遠ざかり職人御用達であるワークマンによく行くことが増えました。
    ♪いこう~みんなでワークマン♪(笑)
  • ■ペット

    トイプードル(色/アプリコット・2才6か月・♂3.5kg)
    いつも元気にお迎えしてくれる大切な家族の一員でドライブが大好きです。
    これからは、理論・理屈よりも、“現場で得られる活きた知恵”をカタチにし
    培った経験をフルに活かしていきたいと考えます。
    なんなりとご相談ください。
    どうぞよろしくお願いいたします。

ガーデンコンサルタント

<店長>尾崎 百合香 (おざき ゆりか)

生年月日 昭和45年7月16日(かに座)
出身 北海道 旭川
血液型 O型

長年接客業(エステティシャン)を経験し現在CADパース作成を担当することになりました。

生まれは北海道・旭川。夏は暑く冬は寒さがとても厳しい街で育ちました。
雪国生まれなのですが寒さにはとても弱いんです・・・

中学生の時はテニス部で毎日部活が終わってもボールが見えなくなるくらいまで、
友達とテニスをしていました。肌はもちろん真っ黒に焼けていました。
(今はやっぱり美白ですね)・・・そんな私だったのですが、今は階段を上がっただけで
息切れするほど運動不足で体力には自信がありません・・・

休みの日は西洋占星術やタロットカードなどの占いを夢中でやっていました。
最近はお客様の打ち合わせとCAD作図で占いの時間はありませんが・・・

地図が見れないこと・・・方向音痴なんです。そんな私が若かりし頃はバスガイド(笑)
地方から来たお客様に左右逆の案内をしてしまったり、葛飾にあるハープ橋を
ベイブリッジと案内してしまったこともありました。今はナビがあって
大助かりですが全く道を覚えられません(笑)

庭造り、外構(エクステリア)は、女性の視点から使ってみて初めて感じる便利さや不便さ、
普段あまり気が付かない目に見えない事を見つけ最適なアドバイスができるよう、
女性ならではの発想も生かし、プラン作りに役立てたいと思います。
各家庭によって違った生活スタイル、家族構成、好みなど、その家庭に最適なプランを
提案していきたいと考えております。
一日がとても早く、忙しい毎日ですがとても楽しく仕事をさせていただいております。
プランが完成したときのお客様の笑顔が私のエネルギーの源です。
こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ガーデンコンサルタント

新井 理絵 (あらい りえ)

生年月日 昭和51年10月4日
血液型 B型
家族 娘一人(年頃になりました)、両親兄弟
趣味 ドライブ(地図を見るのが好きで、車でならどこへでも♪)

初めまして。ガーデンコンサルタントの新井です。 簡単に経歴をご紹介。 小中学校はいたって普通に地元の公立校に通い、高校は地元近くの女子高に。 小学生の時はバブル期の住宅最盛期にあったのもあり、近所には続々と家が建ち、数多くの オープンハウスがありました。

そんなオープンハウスを巡るのが趣味で(渋い?)、土日に入る住宅のチラシを見ては 「こんな間取りの家を作りたいなぁ」などど妄想していました。 チラシ好きはその後も続き、大学は建築学科に進み、念願の建築について学ぶことができました。 が、ランドスケープという分野に触れ、建築物のみならず、外部空間もデザインするという概念に 非常に興味を持ち始め、いつしか家のお庭に目が向くようになっていました。 そして卒業して進んだ先がエクステリア業界。

だったのですが、結婚・出産を機に本格的なデザインの仕事はやり切れずに遠のいてしまいました。 その間、子育てをしながらパートやアルバイトで多種多様な仕事も経験。 花屋・ゴルフキャディ・会計事務所の経理・・・などなど(笑) 全てを糧にして、10年ほど前からようやく本格的にエクステリアの仕事に打ち込めるようになりました。 最初は望んでもいなかった「現場監督」に命ぜられ、正直嫌々現場を回る日々。 まだまだ専門的なことが分からない状態で、職人さんにも厳しいことをたくさん言われ、お客様にも ご迷惑をかけてしまったりと、凹む日も多々ありました。

でもそんな中、楽しかったのがやったこともなかった樹の植え込み。 もともと花や木は大好きでしたが、自分で穴を掘って植え込み水をあげ、出来上がったお庭に緑を 入れた瞬間見違えるようにエクステリアが映えるのを感じてからは、植物の専門書を読み漁り、 独学で知識を増やしてきました。 自らトラックで植木屋さんの畑に行き、直接目で見て樹を買い付け、地下足袋を履いての植え込み作業は 今でもやっています。

この経験を活かし、ハード面でのデザインだけでなく植物までを取入れたトータルコーディネートを 得意とし、デザインを手掛けるのはもちろん、現場管理、植栽工事まで一貫して行っています。 エクステリア会社を何社か経験しこの「癒樹工房」に至りますが、あれだけ嫌だった現場管理が、 今となってはなくてはならない経験になり、そして職人さんとの繋がりがとても貴重なものとなりました。 ずっと現場を見てきたからこそ、現場を知らなければそもそも「素敵なお庭」はご提案できないと 断言できます! 是非エクステリア・植栽に関する様々なことをご相談いただければと思います。 簡単に・・・と言っていた紹介が長くなってしまいました。

プライベートでは、娘も手がかからない年頃になり(といってもまだかかりますが!)、少し寂しさを 感じつつも、一緒にショッピングしたりドライブや遊びに出掛けるのが楽しみです。 夜のお酒も好きですが、一人で呑むというより友人たちとワイワイと呑むのが大好きなので、 娘の許可が下りやすくなった今ではちょくちょく楽しんでいます♪ 職業病と言えるのか、現場までの最短距離・渋滞回避ルートを探すのが習慣というかもはや趣味?に なっています。(ナビを設定しつつ、従いません(笑)) 絵を描くのが好きで、たま~に手描きのスケッチでのご提案もしています。